2010年06月20日

録音中

どうもSM57とコンデンサーマイクの組み合わせだとフェンダー系アンプの良い所が録る事が出来ない、別に普通に録る分には全然問題ないんですが…

フェンダー系アンプの場合、マーシャル系クローズドキャビとは音の出方が違うんですよね。

マーシャルはキャビネットの正面が一番音が飛んでくる、しかし、フェンダー系の場合、広いレンジの為、クローズドキャビネットだと限界があるのかな?
(PAシステムが未発な時代のモニター代わりに後方のドラマーにモニターさせる為にとも言われている)

ミッド上等なSM57よりもう少しアタック感、やフレットに弦が当たる感じとか、ピックのキョリッて音が録れるとリアル感が増す?

そこで…w
今回、コンデンサマイクを調達!!
ダイヤフラムが大きなVocal録りなんかに使われているようなのは既に持っているので、今回はペンタイプのモノを!!(一般的にはドラムのシンバルのような金属質なアタックを録音するのに向いているそう…)
有名どころではAKG C451等が有名…

P6170124_1.jpg
SM57と比べてかなり小さくてホント繊細なイメージ…
実際、凄い感度で…(コンデンサ毎クッツーのはそう言うもんなんでしょうけどw)
ピークインジケータがブワッと光る。
単音弾きでピックを弦に当てた時がどうも倍音が出ているらしい…ギョって感じの音だとおもう。
凄く元気な印象!!!
目論みは当たったようですよ〜ヽ(´▽`)ノ

で…
前から、パリッした部分、割と自分の耳で聞こえるアタックの部分を録る…
みたいなイメージで…

箱鳴りはリア側から、ダイヤフラムの大きなコンデンサマイクで…
とイメージしてセッティングしてみたのが…
P6180122.jpg
テスト録音して、ちょっとローがだぶついている感じ…
これは後ろ側に置いたコンデンサマイクの録れ音が影響してるんでしょう…

マーシャル等と比べ、華奢なキャビネットがゴーゴー鳴るので、床からローが回り込んで居るのかな???

と思い、キャビネットを浮かせてみる…
ヨシヨシw


と、こんな感じでセッティングしました。

録れ音はミックス後アップしますよ!!
posted by シュウ at 14:10| Comment(3) | TrackBack(0) | レコーディング
この記事へのコメント
バッチリでしょ〜!\(^o^)/
後は立て方をいろいろ工夫して、よりイメージに近い音が拾えるポイントを探してみてくださ〜い。
良い音録れる場所見付けたら教えてくださいね!
(^m^

たぶんミックスの方も、各マイクのバランスだけで、EQもコンプもそんなに要らないんじゃないかと思います。
とにかく、録れ音が良けりゃ手を加えなくても、有無を言わさぬ良さが出ちゃいますから。
(^o^
Posted by Sam at 2010年06月20日 18:37
あざとーす!!
ですです!!凄いなぁ…ホント!!

今回は見よう見真似でやっただけですからね。
それでもコレだけの音が録れるってのはホント凄いです。
というか、安直にポータブル系の録音機で録っていたら「なんか違うんだけど…」で終わってしまって、ココまでハマりませんでした〜!!

ホントにありがとうございます〜!!
Posted by シュウ at 2010年06月20日 19:14
早く音源アップされないかなぁ〜。(^ ^

最近、自分とこが出来てないから、人のとこに楽しみを求めてるヤツ。
σ( ̄▽ ̄;)
Posted by Sam at 2010年06月20日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39058192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック